鮎師がジムニーを好む件 季節によって値段が変わる中古ジムニーを買う時期 売る時期 

鮎師といったらジムニー、 ジムニーといったら鮎師

今はそれほどでもないですが、昔は鮎師といったらジムニーというイメージが強かったです。次に軽トラと軽の箱バンという感じで、私の地元だけかもしれませんが。

普通渓流の方が山のほうだからジムニーじゃないかと思いそうですが、意外と山の中まで道路が整備してありますし、大体の渓が道路の下のほうを流れているので、結局川まで歩いて入渓しますから、乗用車で事足ります。

鮎を釣る川は下流部が多いですから、なだらかで川幅が広く、砂利の川原の面積も広くて水辺までアプローチが長いですから、結構川原に乗り入れちゃって水辺に駐車したりするので、ゴロゴロした砂利道ならジムニー強しなのではないでしょうか。

話が少し変わりますが、そろそろ自家用車の買い替え時期かなってことで、その頃私は、より山奥へ、よりスレていない天然を求めて未開拓の沢へ行きたいお年頃だったので、中古のジムニーを狙っておりました。それで1年くらいオークションサイトや中古車情報サイトを見まくった結果、気づいたことを書いていきます。

中古車って相場の変動がある

そうなのです。中古車も株とかと同じで相場が変動するのです。最も毎日のような短いスパンではなく月単位くらいで。一般的な軽自動車とかミニバンとかは3月に相場のピークを迎え売り時になり、ゴールデンウィーク前まで続きます。ゴールデンウィーク明けると相場は下がってきて買いやすくなります。

考えられる主な要因は、3月は最も車検が到来される方が多い時期、決算時期、新卒などのライフスタイルに変化が起きる時期、ゴールデンウィークにレジャーなど出かけたいのでミニバンや新しい車を間に合わせたいとか、需要期を迎えるからです。

しかしジムニーは違う!さすがジムニーは我が道を行きます。ジムニーはゴールデンウィーク明けから相場が上がっていって6月にピークを迎えます。6月は何がありますか?そうです!鮎釣りの解禁があるのです(話が戻ってよかったです)。




今も人気なのか昔の名残なのかわかりませんけど、他にもたぶんジムニーと相性がいい趣味、例えば山菜・きのこ採りとかのようなものが鮎と同じようなタイミングで盛り上がっているのではないでしょうか。

ですからこの時期がジムニーの売り時といえるでしょう。逆に言えばアウトドアの趣味がオフシーズンのときにジムニー買ったらいいと思います。

ただし、私は素人で1年しか調べませんでしたし、結局は家族の反対で普通の軽自動車買いましたから、あくまでも主観で書いておりますのでご了承下さい。
あと軽トラは田植え前と稲刈り前の時期は高いです(笑)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする