迷わない 渓流ルアー道具の選び方 リール編

小型軽量のスピニングリール

渓流は歩く釣りで、足場も悪いから、小さくて軽いリールがいいです。ラインも細いし、遠投もしないですからね。ドラグもがんがん出るわけではないし、流れがあるので、繊細な使い方ではありません。淡水で劣化も遅いから、高性能の高価なリールは必要ありません

ただ、なるべくならハイギヤ(ハンドル1回転に対してラインを巻き取る量が多いもの)が望ましいですね。渓流は川の下流から上流に向かって投げますので、流れと同じか、流れより早く巻いてこなくてはなりません。ですからハイギヤのほうが、楽に安定して巻いてこれるのです。

具体的に番手で言うと1000~C2000番のリールになります。高いのはいらないと言いましたが、さすがに安すぎるリールは如何と思うので、シマノで言えば(リールはシマノ派なので)ナスキーかアルテグラあたりが性能的にも値段的にもよろしいかと。

そのあたりの価格帯なら、釣りは物欲と所有欲も満たしてくれる趣味なので、カラーやデザインで選んでもいいのではないかと私は考えます。

おすすめスピニングリール

渓流ベイトフィネスリールについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする