迷わない 渓流ルアー道具の選び方 ロッド編

5フィート6インチがスタンダード

いわゆる一般的な渓流にマッチした長さで、川幅が広くなっても、狭くなっても対応できる汎用性があるでしょう。よく行く川の幅が広ければ長いものを、狭ければ短いものを選ぶといいです。

硬さはUL(ウルトラライト)かL(ライト)で、たぶんULのほうがアタリを弾かないしキャストしやすいので薦められるでしょう。私も最初は5.6ftのULを使いました。

でもちょっと上手くなってくると、もうちょっと硬くて短いのが欲しくなってきます。なぜなら硬いほうがトゥイッチしやすいし、短いほうが取り回しがいいからです

硬いほうが繊細なキャストがしづらくなりますけど、取り回しよくなるのでプラスマイナスゼロですね。渓流に遠投性は必要ないですから。もしかしたら最初から5ft未満のLのロッド買っちゃってもいいかもしれないです。キャスティングは練習できますから。間違えてエリア(管理釣り場)用ロッドを買わないように気をつけましょう。

渓流タックル忘れてバスロッドでやったことありますけど、大丈夫でしたよ。その次は、渓流タックル忘れて、バスタックルも忘れて7ftのアジングロッドでやった時はさすがにダメでした。トゥイッチしても全部ソリッドティップが吸収しちゃいましたね

奇跡的にやる気のある魚がいて、ただ巻きで釣れましたけど。結論を言うとある程度どんな長さでも硬さでも釣れるけど、軟らかいよりは硬い竿のほうがなんとかなるというお話でした。

おすすめエントリーモデル

ベイトフィネスロッドについてはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする